FX口座は倒産したときに保証されるの?

 

FXの場合、業者が倒産した時には信託銀行に顧客の資金は預けてあるため、

全額保障せあれるようです。それなので、倒産のリスクはほとんど無いと言っていいでしょう。

昔は銀行にお金を預けておけば一番安全と言われていましたが、ペイオフ制度によって、

1000万円までの預金しか保障されることはないので、

現時点ではFX口座にお金をおいておいたほうが、安全かもしれません。

しかし、口座を開設して、無謀な取引を行ってしまっては資金をあっという間に溶かしてしまうことになるので、

自制心が無い人は銀行のほうが安全とも言えますね。

それでもどうしても不安だという場合はFX取引業者の財務諸表が公開されているので、

利益率や負債など健全な経営状態かどうか判断するといいでしょう。

自分で判断出来なかったら、税理士や会計士にお願いしてみるといいでしょう。

そもそもそこまで心配症の人はFXをやらないと思いますが、

事前に確認して置くのは悪いことではありません。

FXはあらゆる金融機関の中でもっとも保証が手厚くなっています。

銀行、保険、株式などお金を預けておく金融機関は色々ありますが、

一番倒産が多いため保証も手厚いのではないでしょうか。

また、倒産する際も完全に破綻する前に吸収合併などあるため、

それほど恐れる必要はないです。